*このページではアフィリエイト広告を紹介しています
PR

関節をポキポキ鳴らす癖がある人の心理とは|やめる方法は?

関節を鳴らして痛めた女性の画像動作
スポンサーリンク

指などの関節をポキポキと癖で鳴らしている人を見かけることがあります。

鳴らす部位は指や首、肩、股関節のこともあります。関節を鳴らす心理は、鳴らすことが「気持ち良い・すっきりする」からが多いです。でも、このポキッという音、周囲の人は意外と気になる音だったりするんです。そのため、関節を鳴らすのをやめたいと思う時は、鳴らそうとした時にその部位を意識的にストレッチをしましょう♪

関節を鳴らす心理とは

肩こりで首を鳴らす女性

関節の音を鳴らすと、気持ちが良い・コリが採れた気がするなどと感じる人もいるようです。ですが、実際に凝りが取れることはありません。ただ、関節が鳴るほど関節を伸ばしたことでストレッチ効果のように感じている可能性があります。

また、狭くなった関節腔がポキッと鳴る時に広がるため圧迫感から解放されたようになりそれを気持ち良いと感じてしまいます。無意識にポキッとしているつもりでも様々な心理状況があります。

怒り

イライラしている気持ちを、指を鳴らすことで少しでも発散しようとしています。日ごろからストレスをため込んでいる場合や、そのストレスを発散する時間もお金もない場合など指を鳴らすことで解消しようとします。

威嚇

勝負をする前に指を鳴らすのはこのタイプです。指を鳴らすことで気合を入れています。思い浮かぶのは、少年漫画などの決闘シーンでしょうか。喧嘩が始まる前に、指の関節を鳴らしている…

それにはプレッシャーを与えて相手を萎縮させたい、自分の思い通りにならないことが許せないなどの心理があります。また、それをカッコ良いと思っている、自己顕示欲の強いナルシストです。

リラックス

一息つきたい時に鳴らしてしまう人です。ポキッという音も心地よいと感じている場合が多いです。両腕を伸ばして伸びをして、その流れで、首をポキッとしている人もいますね。

癖になっている

何があるわけでもなく、決まった物事の時など関係なく指を鳴らしているような場合です。プチプチを鳴らすのと同じように暇つぶし感覚です。無意識に行う指鳴らしは関節への負荷が大きいのでできるだけ癖をなくす努力が必要です。

指を鳴らすのをやめる方法

強制的に止めるにはギプスをするなども言われていますが、仕事などの支障をきたすこともあり、実行するのは難しいですよね。

肩こりで首を鳴らしている女性の画像

ストレッチ

指を鳴らすときは指をグッと曲げますが、逆側にゆっくり伸ばすようにします。こうして筋をのばすと、気もち良いので次第に鳴らすより伸ばすようになります。一気に伸ばすと痛めますのでゆっくり伸ばしてください。

私も昔よく指の関節や肩の関節を鳴らしていました。ポキッとすると気持ちよくコリが治るような気がしていたためです。でも、関節が太くなると聞いて意識してやめました。初めのうちは鳴らさないと、気持ち悪くて鳴らしたくてたまりませんでした。そんな時にしたのがストレッチです。できるだけ、ゆっくりとじわ~っと伸ばすのがポイントです♪ポキッとするより気持ち良いのでおすすめします♪

いすず
いすず

指を鳴らすことは関節を痛めることになりかねませんし、周囲の人にも嫌がられてしまいます。できるだけ意識してやめるようにしたいですね。

なぜ指を鳴らすと音がするのか

関節のポキッとなる音はクラッキングと言います。関節を曲げたり引っ張ったりして関節の動く範囲の限界に来た時に、ポキッと音がします。これは、故意にしても音はなりますし、伸びをした時などにふいに鳴る場合もあります。この原因は関節の中の液に溶け込んでいるガスが原因です。

指を鳴らした時に、その気泡が弾けてポキッという音が鳴るのです。連続で指を鳴らそうとしても鳴らないのは、一度ポキッと音を出したらすぐに気泡が溜まらないためです。

いすず
いすず

歪んでいた骨格が元に戻ったり、擦れたりする音ではないのですね。

指を鳴らすことによる影響

グーの手の画像

指を鳴らすことでおこる可能性があることもあります。

関節が太くなる

癖でポキポキ鳴らしていると、鳴らすたびに関節に強い力がかかるので、くり返すことで捻挫のような状態になることもあります。その状態が続くと、体は更に丈夫にしようとして関節が太くなります。

血管や神経を傷つける可能性

関節の側には血管や神経も通っているので、ポキッとした時にそれらが傷ついてしまう可能性があります。関節を鳴らしたために、血管内の血栓が剥離して脳へ流れると脳梗塞になる可能性もありますので、なるべく鳴らさないように気をつけたいです。

アメリカで首をポキッと鳴らして手足が麻痺をした話もあります。首を鳴らした時に椎骨動脈が傷つき血栓ができる可能性もありますし、脳卒中を起こした症例は世界各地で起きています。首のポキ鳴らしは一歩間違えれば取り返しのつかないことになりかねませんので注意が必要です。

私の体験談

私は昔、関節を鳴らすタイプのカイロプラクティックの体験コースをしたことがあります。その時に固い棒のようなのを首の下に置かれ、首をボキッと鳴らされました。一瞬すごく痛くて、その日はそれでも普通に帰宅しそのまま寝ました。翌日首が固まっていて上下に動かすことができず、前を向くこともできませんでした。

何か引っかかっているような感じがして首が動かず、足元しか見ることができないのです。考えられることは一つでした。前日行ったカイロプラクティックです。そこへすぐに連絡したらすぐに見てくれましたが、逆側にボキっとされただけでした。幸い、それで元に戻りその後特に体に異変はなかったですが、カイロプラクティック自体が怖くなりその後行くことができなくなりました。

まとめ

指を鳴らす心理はいろいろとありますが、関節を痛める原因になりかねません。また、周囲の人に不愉快な思いを与えてしまうことの方が多いです。できれば、違う方法でリラックスできるようにしたいですね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました