*このページではアフィリエイト広告を紹介しています
PR

年下の先輩看護師の接し方。うまく関わっていくためのポイント

2人の看護師の画像 看護
スポンサーリンク

現役で看護師になると初めての職場では経験はもちろん年齢でも一番下になります。ですが社会人を経て看護師になると年下だけど看護師としては先輩ということもでてきます。

経験に年齢は関係ないのですが、年下だからといって先輩に対してため口になったりフランクに接したりするのは考えもの。年下先輩とのかかわり方のポイントを押さえておくとコミュニケーションを図りやすくなります。ポイントは年齢を気にしないことと、言葉遣いに気を付けることです

年齢を気にしない

看護師二人で板を見ている画像

看護師は社会人を経てからなる場合も多いです。転職した時もそうですね。社会人になったら、年齢よりも経験が大事です。そして新入職した時は、そのノウハウを教えてもらうことになるので、たとえ先輩が10歳下であっても年齢は関係ありません。

先輩は先輩です。自分より若いのに、たくさん知識を持っていること、すごいと思いませんか?自分の知らないことをたくさん知っていて、それを教えてもらえるなんてありがたいことですよね♪

私もその一人です。20代はエステティシャンをしていて看護学校を卒業したのは30歳の時です。就職した時はもちろん20代前半の先輩がいることになります。新人時代のプリセプターは、私より5つ下の看護師歴3年目の先輩でした。

プリセプターの3年間臨床で経験していた知識や経験から学ぶものは多いです。その先輩がわからないことは調べて指導してくれました。プリセプター制度はそうして後輩を指導しながら自分も成長するためにもあります。その先輩からは優しく丁寧に指導してもらって、たくさんのことを教えていただき感謝しています。今ではお互い違う地域・違う職場で働いていますが、近況は報告し合っています♪

指導してもらう立場なので謙虚にいることも大切ですが、報連相もまた、大事なポイントです。ちょっとしたことでもまず相談すること、常に聞いてばかりではなく「~と思うのですがあっていますか?」「~を調べてきたので確認してもらえますか?」など自分の考えたことなどがあっているかを確認することも必要です。

やる気を見せることで、プリセプターも教えがいがありますし、プリセプターも人間ですので自分を慕って頼ってくれると悪い気持ちはしません。もっともっと気にかけてくれるようになりますよ。

言葉遣いに気を付ける

3年目の階段の画像

年下の先輩だからといってため口ではなく、敬語を使いたいです。むしろ、年上だからこそきれいな敬語の言葉遣いをしてみてはどうでしょう?

教えてもらう立場なのに、例えば「これどうするの?教えて?」「清拭しようと思うんだけど、いい?」などの質問の仕方は、いい気持ちはしないと思います。悪い印象を持たれると今後の人間関係も大変になりますし、やっぱり謙虚さを持つことって大切です。

私が新人の頃、私は敬語を使っていました。プリセプターの先輩は私にため口でした。そんなこと私は気にもしていなかったのです。ですがある日「いすずさんの歳聞いてしまったわ。社会人してたとは聞いてたけど、私とあんま変わらんと思ってたのに、話しにくくなるやん」と言われました。

看護師として先輩なので年齢は気にしないでくださいとその時は返事しましたが、その後先輩は私に対して敬語とため口が混ざっていました。看護師として自分の方が先輩でも、人生としては先輩が後輩でもあります。年下の先輩も、年上の後輩に対して気を遣うものなんですよね。

転職したら年上の後輩になった時

2人の看護師の画像

看護の職場では転職する人も多いので、新入職の人が年上で大ベテランの場合もあります。以前の職場では管理職をしていたなんてこともありますし、本人が隠していてもどこからか情報が入ってくるのです。

そんな時は指導係をする先輩もやりにくいですが、“ここのやり方”を指導しながら、ベテラン新人さんの知識や気持ちを尊重する姿勢も必要です。お互いが良い関係を保ちたいと、敬意をもって接することが大切です。

前職で管理職として指導していたとしても、新しい職場では新人です。謙虚になって教えてもらうという姿勢が必要ですし、それが難しくても仕事だと割り切りましょう。仕事に慣れれば、新人もベテランも関係なくなり対等になります♪

職場によっては、新しい風をいれて良くしたいと言われて意見を聞かれることもあると思います。ですが、その言葉のまま受け止めてあれもこれも以前の職場と比べて意見を言うのは考えものです。じゃあ、前の職場に戻れば!?という事にもなりかねません。新しい職場で、疑問があっても状況などを見ながら小出しにする、数か月は静観するなども必要だと思います。

大阪府で勤務できるならおすすめしたい「クーラ」

転職してしまってから、自分よりうんと年下の看護師に指導される。しかも、すっごい上から目線で、言い方なんとかならないの!? 長年キャリアを積んできても、新しい職場では『新人』わかっちゃいるけど… ブランクがあるから年下の先輩に注意されるのは仕方ないけど、やっぱりへこむ…

入職したからには、長く続けたいけどもっとちゃんと調べてあらにすればよかったと後悔しないためのおすすめサイトがあります。

「クーラ」は大阪府専門の看護師紹介サイトです。1日~2か月ほどの短期バイトの掲載が多く、お試しバイトができます。実際に数日働いてみて、続けていける職場かどうか自分の目で見極めることができます。

今後は全国展開する予定のようですが、今は大阪府に通勤ができる人限定になっています。大阪府に通勤できる方はラッキーです。転職や復職だけでなく、副業したい場合にも短期っが多いのでもってこいですよ。

登録して、まずは情報収取してみませんか?

クーラ - 看護のスキマバイト・お試し転職
最短1日からスキマ時間で収入が増やせる、看護のアルバイトやお試し転職ならクーラ(CURA)。応募先以外には匿名だから安心。あなたにぴったりの、多様な看護の場が見つかります。

まとめ

年齢を意識してしまうより、そこは切り離して職場の先輩として接する方が仕事はスムーズに進みます。年齢を意識するとしたら、年上なのだから大人な対応を心掛けてみるのはどうでしょう?そして早く仕事を覚えることです。指導されなくても仕事ができるようになれば、気にもならなくなりますよ♪

コメント