*このページではアフィリエイト広告を紹介しています
PR

味噌汁は脳にも良い効果があるんです!

味噌汁の画像飲食
スポンサーリンク

和食の定番の一つ、味噌汁♪日本人にはなじみの深い、ソウルフードですよね♪

毎日飲みますか?私は週の半分以上は飲むようにしています♪

味噌汁って、脳にも良い効果があるってご存じですか?

昔から味噌は医者いらずという言い伝えもあるほどですし、とってもたくさんの効果が味噌汁にはあるんですよ♪

味噌汁の効果

あさりの味噌汁の画像

味噌は発酵食の一つで、生活習慣病を未然に防いだり、免疫力を上げたり良い効果がたくさんあります。最高のパワーフードです♪

そして味噌汁には、鎮静作用や催眠作用、脳の活性化作用など脳によい効果もあります。

足りない栄養を味噌汁の具材として一気にドバーっと入れても平気だし、
簡単に栄養を摂れるなんて手軽だし、最強ですね♪

私は主菜や副菜に野菜が足りないなぁと思う時は、味噌汁に野菜をたくさん入れちゃいます(*^^)v

主な味噌汁の脳への効果です♪

鎮静作用

味噌汁には、脳を落ち着かせる作用があります。脳の神経伝達物質にブレーキをかけるので、気分が落ち込んだ時に効果がありますよ。

味噌汁を飲んだら、ほっこりしますよね♪抗ストレス作用のGAVA(ギャバ)も豊富なのもストレスも軽減させてくれるのですね♪

催眠作用

味噌汁を飲むと睡眠を促す効果もあるようです♪

朝食を味噌汁中心にすると良い睡眠につながるそうです。大豆の成分トリプトファンは体内でセロトニンに変わります。

それが、約10時間後にメラトニンに変わるので、ちょうど夜に効果を発揮してくれます。

催眠作用だから夜に飲む方が良いのかと思ったら、作用に時間がかかるから

朝に飲む方が良いのですね♪

脳の活性化作用

味噌汁には、レシチンが含まれていて、これが脳の神経細胞や神経伝達物質の原料になっています。

そのため脳が活性化するんです。大豆レシチンは体内で吸収されるとアセチルコリンに変わるので、記憶力や集中力、ひらめき力もUPしますよ♪

朝の味噌汁は、勉強や仕事がはかどるようになりますね♪

朝に味噌汁を飲もうと思うと、朝ごはんは和食が良いですね。

脳は大食いです

人間の脳って、大食いなんです。脳の重さは体全体からすると2%ほどなのに、エネルギーの消費量は全消費量の20%です。

たった2%の脳が、全エネルギーの1/5使っています。

勉強や仕事など集中しているフル活動状態以外にも、リラックスしていても寝ている間も脳は働き続けています。だから、大食漢なんですよね。

しかも、超偏食です。

脳のエネルギー源は主にブドウ糖です。ブドウ糖はほとんど貯留ができないので、3食/日の食事で摂らないと脳の働きが落ちてしまいます。

特に朝起きたては、脳はエネルギー不足状態なので朝食は大切です。ものすごく頭を使った時も甘いものが欲しくなったりしませんか?

それも、脳が欲しがっているのです。脳が欲しがっているからとバクバク食べると血糖が上がりすぎてしまうので、ちょこっと補給をおすすめします♪

時間がない時はインスタントでもOK?栄養的には?

味噌汁の画像

味噌汁を作る時間はないけど、味噌汁は飲みたいときインスタントの味噌汁なら簡単にできます。

インスタントには、生味噌タイプとフリーズドライがありますが、栄養的にはどうでしょうか?生みそタイプは、カップ付きが多いので職場などで飲むときはお湯を入れるだけなので便利ですね。

ただ、みそを加熱処理しているので栄養価は低くなりがちです。

粉末やフリーズドライタイプは、みそに熱を加えていないので栄養価はあまり失われていません。宇宙フードにもなっていますよね♪

インスタントは、生みそよりもフリーズドライの方が栄養的にはおすすめです。でも、インスタントはどうしても塩分が多めなので、忙しい時だけにとどめたいですね。

味噌汁自体が体に良いですが、健康味噌汁もお勧めです。白みそや赤味噌(赤だし)、玉ねぎ、リンゴ酢を混ぜて手作りもできますし、ブレンドされたものも市販されています。
詳しくは「長生き味噌汁、赤味噌でも赤だしでも作れるよ」で紹介しています♪

まとめ

味噌汁は体に良いことだらけです♪ぜひ毎日の食事に味噌汁を♪

具材もアレンジ次第なので、飽きることなく毎日飲めると思います(*^^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました